ここ最近

ずっと忙しかった

帰宅も遅く 桃太郎とエルマーがごはんしてくれていたので 助かった。
もし仮に 私が一人で介護をしていたなら たぶん将来困ると想像できても
介護離職していたと思う、

 

とはいえ 働かないとたちまち 路上生活にもなるのでしょう、

夜中 一旦 眠気のピークが去ったあと 目がさえて眠れなくなるとき

母と父を見に行く

母の寝顔に癒され かわいいなあと思う
倒れるまでも倒れてからも どこか頼れる母
そして寝顔は赤ちゃんのように見飽きない。

母の寝息と父の寝息を確認して
良かったと安心 私も眠ろう

たぶんこの人生で最初で最後の家族

自分の為に自分が寂しくならないようにだとわかってるし 悪いけれど
できるだけ長く一緒に過ごしたい

関連記事

  1. 聖徳太子 

  2. ちょっと思い出したことが、

  3. 結局

  4. 私のモモ

  5. 暑い💦 でも実は冷えている

  6. 思い邪なし(天命発見瞑想コーチ体験セミナー)☆彡

カテゴリー